金利が安いのはお得?

借入時の金利関するQ&A
Home » 借入時の金利関するQ&A » 金利が安いのはお得?
借入時の金利関するQ&A | 07月18日更新

金利が安いのはお得?


金利が安いのはお得?
借入金利は借金の利用代金になるわけで、コレが安いほど、お金を安くレンタルできたことになります。
だったら借入金利が安いのは絶対にお得だと思えるでしょう。
実際、その通りなのですが、いくつか知っておきたいポイントもあります。
金利が安い借入に飛びつく前に、一度これらをご確認ください。

まず前提として知りたいのは、金利が安いほど審査が厳しくなりやすい点。
「金利が安いそのローンは、本当に誰でも使えるローンか?」という点は、気を付けた方がいいですよ。
というのも、審査の難易度は金利と連動する傾向があるから。
返済力が高く、まず返済が遅れないだろう方は、優良条件で借りれることも多いのです。
そこまで返済力が高くなく、返済が遅れる確率が少しある方は、優良条件での借入はやや難しくなります。
金利が安いほど「優良条件」となりますから、利用者をより厳選されることも多いのです。
また、金利が安いローンがお得なのは間違いありませんが、それは審査を通過できたらの話です。
金利が安いローンほど審査も難しくなりやすいことは、一応確認の上で借入計画を立てることをオススメします。

このほか、もう1点確認しておきたいのは、借入金利が安かったとしても、支払いが必要な項目が他にあり、金利が高くなること。
よくあるのが「保証料」ですね。
最近は担保・保証人を不要とする代わり、返済の保証を保証会社が一括で引き受けるケースも多いです。
このとき、この保証はタダではなく、「保証料」が必要。
この保証料は、だいたい金利に含まれていることが多いのですが、ローンによっては金利と保証料を別表示にしているケースもあります。
たとえば、保証料は年間1%で発生するとして、これを金利と別表示にしている場合、借入金利に1%を上乗せした条件が、借入後に支払が必要な金利となるわけです。
このようなケースもありますので、金利が安いときは、他に支払いが必要な項目がないか、一応チェックすることをオススメします。

金利が安いと思うときは、これらのポイントも合わせてチェックしてみてください。

The following two tabs change content below.

借入時の金利に関するQ&A事務局

借入をする前に、しっかりと事前知識を得ておきましょう。お金に関する情報をお届けしています。

最新記事 by 借入時の金利に関するQ&A事務局 (全て見る)

top